カードローンの申し込み:お勧めキャッシング・カードローンの金利・限度額や審査情報

カードローン申し込みの流れ

カードローン申し込みについて

では、カードローンを申し込んでから、契約・カード発行までの流れはどうなんでしょうか?
たいていの方は、申し込む前だけではなく、申し込んだ後も結果が出るまで不安に思うのでは?
例えば…
必要書類などの提出が多くて大変なのかな?
結果が出るまでに、長い時間がかかるのかな?
お金を借りることを身内には知られたくないな…

 

基本的に、正しい個人情報をしらせて必要書類を揃えれば、カードローンの審査から
カード発行までにはそんなに時間はかかりません。
またカード会社にも色々ありますが、一般的なカードローンは、
申し込みからカード受領の流れまでは大体同じです。

カードローン申し込みの流れ

申し込み

   

 

最近はわざわざ店頭に出向くことなく、PCやスマホ・携帯からのネット経由で申し込むのが主流で、
システム上の点検やトラブルがない限り、24時間365日申し込みを受け付けているところが多いです。
ネット経由で申し込むと、専用サイト上の申し込みに必要な項目(名前・住所・年収)をうめて
申し込みボタンを押すだけです。

 

その他にも、下記のような申し込み方法があります。
・電話
・郵送
・自動契約機
・店頭

 

仮審査


消費者金融会社などは、ネットで申し込みを受け付けた後、会社によって違いはありますが最短で30分、
長くても一両日中に仮審査の合否を電話やメールにて受け取ることになります。

 

郵送での返答になる会社のケースだと、1週間ほどで結果を受け取れると思います。

 

本人確認書類の提出


消費者金融のケースですと、仮審査でOKの返事をもらった後、本人確認書類の提出が必要になります。
ここで一番便利なのは、運転免許証です。
会社によって違いはありますが、カードの発行を急いでいる場合は、近隣の自動契約機に出向き
運転免許証を読み込ませることで、その場で契約を結びカード発行まで終了できるところもあります。

 

運転免許証の他に有効な本人確認用書類には、
・パスポート
・健康保険証
などがあります。

 

提出方法には、下記のような方法があります。
  
・アップロード
(一部のスマホ・ケータイは利用できません。)
・専用アプリ
(一部のスマホ・ケータイは利用できません。)
・FAX
・郵送

また、本人確認用書類の住所が申し込み住所と違っている場合は、

現住所を証明する他の書類を求められるケースが多いです。
例えば、
・引越しなどを行った際に運転免許証の住所変更を忘れていた。
(住所変更しなくても、運転はできるため忘れる人も多いです。)
・パスポートに記載されているのは本籍地だが、その住所には居住していない。
(本籍地と現住所が違う人は、かなり多いと思います。)

 

その場合に必要な書類等には、
・電気、ガス、水道、固定電話やNHKなどの公共料金の領収書(有効な物いずれか一つ)
(携帯電話の領収書では不可になるケースが多いです。)
・住民税など税金の領収書
・社会保険料の領収書
・納税証明書など
尚、領収日付や発行年月日から6ヶ月以内の物を求められると思います。

 

その他、他社を含めた借入金額が100万円を超えたり、申込カードで50万以上の契約を
希望する場合には、直近の給与証明書や源泉徴収票などの収入証明書や、
納税証明書・確定申告書などの提出を求められます。

 

審査&契約・カード発行

  
申し込み内容と本人確認書類をチェックし本審査が行われ、契約手続きをメール等でやり取りし
同意した後、カード発行になります。

 

カードの受け取り方法には、下記のような方法が取られます。

・自動契約機にてその場で受け取り
・郵送で受け取り

 

借入

   
下記のような方法で借り入れが可能です。
・専用のATM
・提携金融機関のATM
・コンビニ等に設置してある提携ATM
・振込キャッシング(登録が必要)
通常、24時間・365日の借入が可能です。


ホーム RSS購読 サイトマップ